新薬メーカーMRへ転職を考える

MR経験者の新薬メーカーへの転職は、希望者がとても多く求人案件としても人気が出やすい傾向となっています。専門性がより高い新薬を取り扱いたいと希望し、ジェネリック医薬品や中小規模の製薬会社で現在仕事をしている人がステップアップを目的に新薬の製薬会社へ転職を希望したりといったケースがあります。転職を希望して成功する人も多いなか、残念ながら採用を見送られた人も多くいます。 新薬の大手製薬会社への転職は難易度が高めであるケースが多く、特に自己流で応募をした場合、きちんと準備ができておらず不採用になってしまった場合があります。新薬が上市されたタイミングで多く採用や人材確保をしたいといった状況であれば採用されやすいこともありますが、そういったタイミングはなかなかないので注意が必要です。

ジェネリックメーカーの将来性は?

ジェネリック医薬品の製薬会社MRという転職も一つの選択肢です。ジェネリック薬品という言葉が一般的に浸透しつつあるなか、将来的なジェネリック製薬会社でのキャリアアップや将来性について気になる人は少なくありません。現時点でジェネリック医薬品の製造や販売をしている製薬会社の人気はそれほど高くない状況となっています。しかし製薬会社は採用意欲が高い会社も多く採用はされやすい現状です。 医療機関は経費を削減するためにジェネリック医薬品へ置き換えることを積極的におこなっているケースが多くなっています。ジェネリック医薬品は後発の医薬品なので値段が安く、差し替えると経費削減に繋がります。医師や看護師の確保のために予算をかけたいと考える医療機関にとってジェネリック医薬品の置き換えたは積極的に進めたいと考えるケースが多くなっています。ジェネリック医薬品のシェアは伸びがあり、国内・海外企業ともに動きは活発で将来性は有望と考えられます。今後の見通しにも注意を払いつつ中途採用情報を探してみましょう。

大手製薬会社向け職務履歴書の書き方

新薬の発売を控えている新薬メーカーへ転職を希望している場合、どういった点に注意して職務履歴署を書けばよいのでしょうか。 新薬の開発が積極的な製薬会社で働いているMRが求められることは、医師からの信頼を素早く得ることが必要なスキルです。症例をもとに薬の副作用や効用をくわしく説明することができる能力を求められます。新しい薬を深く理解してもらい、使用し始めてもらうために必要なアプローチ力が自分にあるということを、自己PR欄や職歴詳細部分にアピールできると良いのではないでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加