MRの仕事の内容と給料の水準は

MRは医薬情報担当者のことをいいます。仕事の内容としては、医薬品の適正な使用のために医療従事者を訪問するなどして医薬品の品質、有効性、安全性といった情報の提供、収集、伝達を主に行うというものです。 これらは主に製薬会社が自社製品の販売状況を確かめるだけでなく現場での使用状況や有効性といった情報をフィードバックすることで、それまでのプロパーと呼ばれる医薬品の販売を目的とするだけの営業職とは異なってより専門的な知識を有して、有益な情報をまとめて製薬会社と利用する医療従事者との間の適切な意思疎通を行うことで正しく医薬品を利用してもらう、また使用される医薬品に重大な問題がないかを確認するといったことに寄与します。

MRが行うべき仕事の内容について

仕事の内容としては医薬品のプロモーションを行う営業、副作用や併用禁忌などの安全性に関する情報提供、医薬品卸への営業活動と価格の折衝などがあります。営業では薬がどのような病気に使われるのか、他の薬と比べた場合の有用性といったものを説明します。基本的には病院や調剤薬局を訪問して薬剤の情報提供が仕事になります。 その訪問による中で医薬品を使用する時の注意点の説明なども行います。特に処方せん薬では副作用のリスクも高く併用禁忌薬もあるためこれらの情報を伝えることは医療過誤を防ぐためにも重要です。また製薬会社に所属して自社の医薬品の営業を行うわけですが、薬剤を病院や薬局が購入するさいには医薬品の卸業者を利用して行われますが、医薬品卸業者との価格折衝なども行って価格面からも購入してもらえるようにサポートするといったことも行います。

MRになるための資格と得られる収入

薬を取り扱うというイメージから薬剤師の資格が必要がありそうですが、実際には薬の製造や直接の販売に携わるわけではないので国家資格は必要ありません。あくまでも営業ですから資格や学歴がなくても誰でも行うことができます。ただ就職は製薬会社などが中心になります。製薬会社の応募要件としては大学卒業以上とあることがほとんどですから、大卒でなければこの職業になるのも難しくさらに製薬会社は人気の業種ですから採用されるというのは、かなりの倍率を勝ち抜く必要があります。 給料は平均的なサラリーマンと比べて高い傾向にあります。そもそも製薬会社の給料は高く設定されていますが、特に外回りの営業という性質上、営業手当や外勤手当などが付くことも多く、平均年収は1,000万円超といったところも多くあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加