MRには営業力が不可欠!困りごとを察知しよう

別名医薬情報担当者と呼ばれるMRは、医薬品を適正に使用するために医療従事者が訪問していきます。これは、医薬品の品質や安全性などに関して情報の提供や収集を目的としています。そういったことを行う者を指します。自社の製品を伸ばすためにはどうしても対話やコミュニケーションなどの営業力が必要になってきます。なぜなら、医師や薬剤師との間に信頼関係を構築していく必要があるからです。ここでは、どのようなことが必要なのか紹介します。 まず、医師が困っていることにフォーカスを当てます。対話をしていってその対話相手の困りごとが何なのかを理解しなければなりません。その困りごとに対してどれだけ仕掛けることができるかで成績が決まる場合があります。ですが、中には漠然とした困りごとも多くなっています。漠然としていても、何らかのサインは見られます。そのサインを見つけたら掘り下げて言葉にしていきます。そうすることで、困っていることが見える可能性があります。

手帳は自分を映し出す一部

モバイルパソコンを持たされても、MRは手帳を携帯していることが多くなっています。なぜなら、手帳は自分自身を映し出している体の一部と言われているからです。自分の色にどうにでも染めることができます。手帳の目的としてスケジュールを管理したり、必要な情報を書き留めておくなどがあります。思いついた時にはスケジュールを書き込むようにし、約束ややるべきことはToDoリストとして記載しておき、完了したら消していくと営業力に繋がる可能性もあります。その場合、ToDoリストに優先順位を記しておけば、今やるべきことがすぐに分かります。 目標や計画を書いておくのも一つの案です。目的意識がないと稼働効率が上がらないことも考えられるので、必要でしょう。一緒に結果も書いておくと、行動の検証も同時に行えます。

今より良い職場に行くために

営業力を上げるためにはどうすればいいのかわかったところで、今度は職場のことを考える必要があります。今の職場もいいけれど、他によい職場があれば転職したいと考えている人も多いでしょうが、方法として医療関係を専門に扱っているところで、サポートを依頼する方法があります。希望に応じてじっくりサポートしてくれるので安心して依頼することができます。中には、交渉力と情報提供力に特化した人材紹介をしてくれるところもあります。 通常の人材紹介にはない、給与や勤務地の希望を叶えるためにさまざまな方法でアピールしてくれます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加