究極の営業職、MRに求められる人材とは

Medical Representatives(医薬情報担当者)の頭文字を取った略称で、主に病院やクリニックにおける医師に対して、処方箋が必要な医療用医薬品の営業を行う人のことを指します。
公益財団法人MR認定センターが行う認定試験に合格するとMRとして認められ、認定証が発行されますが、国家資格ではないため、一般的には誰でも営業を行うことは可能です。製薬会社にもよりますが、みなし労働として働くケースが多いことも特徴で、労働時間は個人によって幅があります。対人関係に自信があり、スケジュール管理が上手い人には向いている職業と言えるでしょう。
他の営業職と明らかに異なるのは、価格交渉を行わないという点です。通常、医療用医薬品は医薬品の卸売業者が病院やクリニックに薬を届け、卸売業者の営業(MS)が納入価の交渉を行います。価格で顧客との取引が行われず、薬そのものの情報提供と自身の力量が試されるため、製薬会社の企業説明会等では「究極の営業職」と言われることがあります。

医薬情報担当者の魅力とは一体何なのだろうか

インターネットではしばしばネガティブな投稿がされておりますが、慣れてしまうと非常にやりやすい仕事です。まず、医療や製薬業界は日本経済の影響を受けることが少ないということが特徴です。最近では毎年の薬価改正が謳われているものの、薬が全く売れなくなるということは考えられません。バックボーンの安定した業界に身を置くことができます。
先に記述しましたが、みなし労働としての勤務体系が多いです。フレックスタイムと異なり、みなし労働は1日何時間働いたとしても就業時間分働いたこととみなされます。そのため、残業代としては出ませんが、営業手当や日当などはつきます。何時に仕事を終わらせようと、労働したとされる時間は変わらないので、早く帰宅することも可能ですし、自由にスケジュールを組み立てることができます。ですので、自由度の高い働き方ができるということが言えます。また、医薬品産業は営業利益率が高い業界であり、営業成果が出ていればきちんと成果に見合った見返りがあります。営業職の中では高収入を得やすい職種であると言われる所以でしょう。

現場では高い倫理観を持った医薬情報担当者が必要とされる

人の命に関わる医療用医薬品の情報を扱っています。そのため、日進月歩で変化していく医療の世界に身を置くには、常に新しい治療法や臨床試験などを勉強し続けなければなりません。加えて、高い倫理観も求められます。医師に適切な情報提供を行わなければ、患者さんの命に直結します。また、処方を決める医師だけでなく、薬剤師や看護師といったメディカルスタッフとも積極的にコミュニケーションを取り、自社医薬品の副作用情報や、副作用への対処法について情報提供ができるMRが医療の現場では求められます。
売ることばかりを考えるのではなく、副作用も包み隠さず伝えられる人材がなるべきと言えるでしょう。常に高い倫理観を持ち、学び続ける姿勢のある人にこそ向いている職業だと考えられます。責任感、やりがいを感じられる職業です。

未経験者の募集が始まった事で応募する人の数は大変増えております。 製薬業界は安定した産業で社員の待遇もいいというイメージから注目されています。 これからもっとMRの人気は高まっていくのではと言われています。 履歴書・職務経歴書の作り方から面接対策もサポートいたします。 MRはは売上げを増やすために薬の価格を下げ、実際に医療品を納入する卸業者に対して値引分を保障をおこなっていました。 MRに関する詳しい専門業者の方がページを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加